光ちゃん(*´□`*)つよ(*・△・*)
そして…\(M▽A)/\(町▽田)/\(米▽花)/\(屋▽良)/\(あU)/\(辰△巳)/\(越△岡)/\(福△田)/\(松△崎)/大好きな苺のブログ☆☆
日常ブログ化していますがいつもftrとMAとふぉーゆーの事にはじぇんりょくです(笑)
そしてひっそりこっそり熱くT&Tさんにもハマり中www

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
△愛詩雨△
アルバム語り1日1曲をめざしてー(≧ω≦)

でわ語りますっ♪♪♪
続きを読む >>
△TALK TO MYSELF△
一昨日昨日って曲語りできなかったー(○>_<)

という事で仕切りなおし!!!

今日からもう一度曲か語っていきます(*>ω<*)

でわ続きからどうぞっっっっ♪♪♪
続きを読む >>
△美 我 空△
曲語り2日目〜>°))))彡

今日からアルバム曲!!!!!

初日の今日は1曲目の“美我空”

でわでわ続きからどーぞo(^∇^o)(o^∇^)o
続きを読む >>
△空〜美しい我の空〜△
1週間経ったので今日から1日一曲を目指して曲語りしていきたいと思いまーす(*´艸`*)

アタシなりの感性で語っているので『違いますけど〜』と思う方はスルーしてくださいね┏○ペコ┏○ペコ

でわでわ続きから語っていきます・・・。。。
続きを読む >>
★Loving★
“約束”通常版に収録されてる曲“Loving”語りo(^∇^o)(o^∇^)o

今日で最後になりま〜す(*´艸`*)


〜Loving〜

想いが強すぎれば強すぎるほどすれ違ってしまうのかもしれない。

相手を思うあまり言葉に出来ずにただただ心の距離だけ開いていってしまった二人の物語のよう。


別れて気付く。

どれだけ相手を思っていたかを。


2人で重ねた日々は確かにそこにあるのに。

想いがすれ違う。


好きでいれば愛情があればあるほど不安は大きくなって。

不安の影に呑まれてしまう。


信じるが戸惑いに変わって迷いにかわっていってしまうのかな。


だけど。

それでもお互い相手を思う気持ちがあって。

不器用すぎる愛情ゆえの別れ。


そんな風にアタシは捉えたな。


KinKiさん2人の声がこの曲の主人公達の歴史までも歌っているようで。

その過去現在未来を想像すると切なくなる。


別れたらこんなにも素直になれるのにね。

どうしてあの瞬間もっと素直になれなかったのかな?


そんな声が聞こえてくるみたい。

音楽色の濃い2人だからこそ歌い上げる事のできる曲。


年を重ねた男の色香を増した2人だからこそ響くものがある。


思わずドキッとする主人公の想いがギュッと詰まっていると思う。


そんな曲・・・Loving・・・。



ヽ(*´□`*)拍手ぼたぁん(*・△・*)ノ

JUGEMテーマ:KinKi Kids
 

↑ぽちっとお願いしまぁす
★旅立ちの日★
“約束”の初回限定版の方に収録されてる曲“旅立ちの日”語り(*´∀`*)


〜旅立ちの日〜


未来の為のお別れの曲。

卒業が近づくたびに感じる不安だったり戸惑いが描かれている曲だと思う。


未来は明るいのにその未来が近づくと人ってどうしても不安になってしまうもの。

別れを知らぬうちに意識してその寂しさが少しずつ春に向かうにつれて募っていく。

でもそれぞれが決めた未来だから不安でも先に進むんだっていう強さもこの曲の中には籠められている気がする。

いつかお互いが成長できた時にまた逢おうねっていう約束も含まれているようなお別れ。

決してここが最後の場所ではなくって進んでいく先には必ず未来があるんだって背中を押してくれる。

様々な卒業がある中でこの曲の中の主人公達は“自分の道はこっち”っていう標識に向かって歩き出すそのスタート前っていう感じ。

夢を叶える為の道のりだから今ここで終わってはいけないんだよって前を見据える心を教えてくれてる気がする。

誰にでも訪れる卒業。

自分の未来は自分にしか切り開けない。

だからこそ今不安でも寂しくても突き進むべき。


いつの日かそれが間違いではなかったと笑える日がくるよって肩に入った力を抜いてくれる優しい曲。


光ちゃんとつよが重みをもたせつつ未来へのきっかけをくれるように歌い上げている気がする。

様々を経験している二人だからこそ歌える曲なのかもしれない。

未来が今になった時“そう言えばあの時はあーだったね”って笑い話に変わるんだよね。

そんな事を連想させる。


少し早い春を心の中で描いた。


2人の声に寂しくも温かい光りを感じるの。

お互いの声を尊重してなおフィットするからこそ歌い上げられるんじゃないかな。


(2)人というキーワードも実は籠められているのかもしれない。


そんな曲・・・旅立ちの日・・・。


ヽ(*´□`*)拍手ぼたぁん(*・△・*)ノ

JUGEMテーマ:KinKi Kids
 

↑ぽちっとお願いしまぁす
★ユメハジメハナ★
“約束”に収録されてる曲の2曲目“ユメハジメハナ”語り(*>ω<*)


〜ユメハジメハナ〜


この曲も切ない。切ない。

でもこの曲は“別れ”という結末がきちんと曲の中にあると思う。


この女性は自分の未来の為に別れを決意しているんじゃないかなって初めて聞いたとき思った。

未来を見つめて考えて自分らしく生きようとした時にどうしても別れを選ばなくてはいけなかった。


そんな自分勝手さに“ゴメンネ”と彼に言っているよう。


それでもなお彼は女性への愛情があるから“君が決めた未来ならお別れをしましょう”って言っている。

そんな物語な気がします。


誰かの悲しみの上に幸せがあるのかもしれない。


この曲はそんな事を連想させる。


でも・・・運命の相手ならばいつかまた廻り合える。


そんな未来の0とは云えない可能性もこの曲には籠められている感じ。


別れる事の後悔も。

別れを告げる傷も。

ためらいも全て分かっていながら手を離す。


いつか出会えるかもしれないその時を願って。



KinKiさんの声が物語をより色濃くして連想させるから切なさは約束と同じくらい切ない。

でも未来を見据える前向きさも実はこの曲には隠されているのかもしれない。

年を重ねた2人だからこそ歌える未来のある別れ。


沢山の連想と可能性が篭っている曲だなって思います。


KinKi2人の声に引き寄せられて歌詞の世界に浸ればなお曲の気持ちが届いてくるんじゃないかな。


アタシはこの“ユメハジメハナ”も好き。

きっと4曲の中で一番好きかもしれない。

そんな曲・・・“ユメハジメハナ”


ヽ(*´□`*)拍手ぼたぁん(*・△・*)ノ

JUGEMテーマ:KinKi Kids
 

↑ぽちっとお願いしまぁす
★約束★
1週間経ったので“約束”の感想書きたいと思いまーす(*>ω<*)

アタシなりの感じ方・捉え方なので『約束はこんな曲じゃない!!』っていう苦情は一切受け付けません!!!

でわでわ語りまーす(*^^*)

〜約束〜


1つ1つ積み重ねた思い出があるからこそ痛みは大きくなっていくかもしれない。

長く一緒にいすぎると終わらせ方が分からなくなってしまうのかも・・・。

そんな風にアタシはこの曲を聞いて感じたな。


“僕”である主人公は“キミ”である女性の影に気付いてる。

逆に“キミ”である女性も“僕”である主人公がその影に気付いてる事に気づいてる。

でもどちらもその核心に触れるのが恐いんじゃないかなって思った。


うそぶいた2人でいても未来は開けない事この曲の2人はきっと気付いてるんだよね。


でも裏切る事も現実を受け止める事も恐いからどちらも触れない・・・触れたくないのかもしれない。

そんな曲だって思った。


そんな2人の未来はきっと短いんだろうなっていう切なさをKinKiさん2人の声がリアルに繊細に表現してる曲。

色に喩えるとブルー。

切ない火が“終わり”に向かって小さくなってくそんな小さな小さなブルーの火が光ちゃんとつよの声で灯ってる。

曲の終わりにその火も消えちゃうんじゃないかなって思わせるくらい。

作り笑い・・・嘘の愛・・・2人だけの過去・・・

力まずにナチュラルに歌ってる二人の声がそんな所まで表現している気がするの。


話し合うべき話が出来ない二人の結末すら連想させるKinKiさんの声。

切ないとか痛いの中に違う“愛”も含まれているような歌い方。

この歌を歌いこなせるのは二人しかいないんじゃないかなって思わせるくらい素晴らしい曲。


クオリティーは相変わらず高い。

アタシはこの曲を聞いて一発で心奪われたよ。

聞くたびに泣くけど大好きな曲。


フルで聞いたこと無い方も曲の物語と二人の声に聞き惚れること間違いなしだと思う。

そんな曲・・・約束。



ヽ(*´□`*)拍手ぼたぁん(*・△・*)ノ

JUGEMテーマ:KinKi Kids
 

↑ぽちっとお願いしまぁす
★ビターショコラ★

口溶けは

優しいのに


ほろ苦い


大人な振りを

続けた

恋は


甘いだけでは

ないね・・・


<<ビターショコラ>>


“チグハグな恋”が第一印象でした。

比重の大きさがちぐはぐだからどこかぎこちない2人になる。

そんな印象を受けた。


大人な風を振舞っていた主人公。

でも彼女はもっと当たり前を求めてた。

そんなチグハグな感覚の中で生まれている歪な愛。


彼女の異変で始めて気づく当たり前のらしい恋のしかた。

ぎこちないけど寄り添っていくだろう二人の恋の行方。

アタシの感覚ではこういう風に捉えました。



光ちゃんもつよもこの年齢になったからこそ歌える曲だなーって感じた。

2〜3年前に唄ってたらここまでアタシの中でヒットはしてなかったと思う(笑)


大人な色気が声色にまで伝わるから聞いててしっくりくる。


決して背伸びはしない。


KinKiさんはいつだってそのときのベストを出すから。


だから心が素直に感じるんだと思う。

ハモリすらも色っぽく感じるって凄いよね。

ほろ苦いのに甘さがあるこの曲アタシすっごい好き。

光ちゃんの声もつよの声も耳に心地良いんだもん。


CDを出すたびに色んなKinKiさんに出会える。

そんなKinKiさんにこれからも出会っていきたいな。




↑ぽちっとお願いしまぁす

(*´□`*)拍手でぇす(*・△・*)

JUGEMテーマ:ジャニーズ

★Strategie★

大人な

雰囲気を

纏って


想像の

世界へ

誘う


・・・KinKi Kids・・・



<<trategie>>




“Strategie=戦略”日本語にするとそう言った意味になるそうです。

この曲を聴いたときに感じた率直な感想は“湿度の高い曲”って事かな。


大人の哀愁を漂わせながらどこか湿り気のある曲。


2人の声が濡れてるように聞こえるんだよね。

泣いてるわけじゃないんだよ。

濡れてるの。


終わった愛に縋ってしまう人達を描いているような歌詞だよね。

終わったはずなのに終われない人達。

ただ切ない恋模様を繰り返すそんな男の人と女の人がアタシには想像できました。


肌を重ねるたびに温もりは感じるのに繋がれない心。

うん。そんな感じ。


物語の結末を知っていながら終わらせられない人達。

傷つく事も傷つける事も知っている未来にどちらも踏み出せずに同じ場所に留まってる。

それすらただ傷を重ねていくだけなのに。


そんな曲だなーって思いました。



まぁ偉そうに感想重ねているけどアタシこの曲聞いて泣きました(笑)

つよと光ちゃんの声に鳥肌がたってその後ダーって涙が溢れてきて切なさにどーしよーもなくなった人です(イタイ。笑)

2人の声って凄いよ!!!!!!

キュッてなるもん(≧ω≦)

カップリングすらいい曲揃いって・・・やっかしKinKiさんは曲に恵まれてるよー(○´▽`○)

またいつまで経っても色褪せない曲が増えたね('-'*)



↑ぽちっとお願いします

(*´□`*)拍手でぇす(*・△・*)

JUGEMテーマ:ジャニーズ